コラーゲンタイトル
コラーゲンと栄養素

コラーゲンはたんぱく質の一種なので多くの食材に含まれています。
フカヒレや手羽先、鶏皮、軟骨、豚足、牛すね肉、煮こごりなどといった食材にたくさんのコラーゲンが含まれています。
健康なお肌にするためには、良質なたんぱく質やコラーゲンを含んだ食材を食べるだけでなく、コラーゲンと一緒に摂取することで効果がより現れます。

コラーゲンと一緒に取ると効果的な栄養素:
・ビタミンC
ビタミンCはコラーゲンの吸収をサポートしてくれて、体内におけるコラーゲンの合成を促します。
さらにメラニン色素の沈着を防ぐ働きもあるので、シミのない美肌づくりには最も良いとされております。
ビタミンCとアミノ酸(炭水化物のジャガイモやお米、ラーメン、パン)はコラーゲンの吸収にとてもいい働きをするので、ご飯を抜いてダイエット…なんていうのもありますが、極端に食べないのではなく、量を調整してダイエットもバランスを考えましょう。

・ビタミンE
ビタミンEは血行促進を促して新陳代謝を活発化させる効果があります。
抗酸化作用や老化防止にも効果があり、お肌の老化防止にも役立ちます。
ごまや韓国海苔にも多く含んでいるので食事に加えてみましょう。

・コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを与えるのでコラーゲンはそのエネルギーをりようして合成を行うのでコラーゲンを摂取するときはコエンザイムQ10も一緒に摂取するようにしてください。

・ビタミンB2・B6
ビタミンB2・B6はお肌の新陳代謝を促進させます。
それに、にきびなどのお肌に予防効果があり、にきび肌の人は意識してコラーゲンと一緒に摂取するようにしてください。

 

コラーゲン・サプリメント効果

コラーゲンはフカヒレや手羽先、鶏皮などといったものに多く含まれています。
しかし、これらの食材を食べたからといって、すぐにお肌のコラーゲンが増えるわけではありません。
コラーゲンは小腸などで分解されたアミノ酸によって吸収されます。
しかし、このアミノ酸はコラーゲンを作るだけでなく、他のたんぱく質の材料としても使用されるので、普段からたんぱく質が不足している人は、いくらフカヒレを食べてもコラーゲン合成をするまで使用されないことがあると思われます。アミノ酸を多く含む代表的な食材はお米が定番です。特に粘りけのあるあきたこまちやコシヒカリは噛む回数を増やせば増やすほどアミラーゼの生成もよくなります。新米なら尚更一粒一粒の食感がいいのでおすすめです。良く噛んでバランスのいい食事が美容に一番ということです。
お肌のコラーゲンを増やすためには、日頃から良質なたんぱく質を摂取し、コラーゲンやサプリメントなどでコラーゲンの補給を行うと良いと思われます。

・肌の加齢対策
お肌の年齢を若いときと比べてみると年齢を重ねるごとにコラーゲンの合成能力が落ちていきます。
コラーゲン合成能力は60代では20代の4分の1まで低下すると言われています。
コラーゲンの低下を補うためにも、サプリメントなど使用してコラーゲンや栄養を補給するようにした方が良いです。

 

サプリメントの注意点

・食事
サプリメントはあくまでも足りない栄養素を補うために使用するものであります。
サプリメントを摂取していれば、食事を疎かにしてはあまり良くないです。
毎日の食事の中で必要な栄養素を摂取することができれば一番良いのですが、食事をしても足りない栄養素をサプリメントを摂取することで栄養素を補給するようにしてください。

・1日の摂取量
サプリメントの表示ラベルには1日の目安となる摂取量が記載されていると思います。
サプリメントの成分によっては摂取しすぎると過剰症を起こすかもしれないので、必ず記載されてある1日の摂取量を守るようにしてください。

・必要な成分
有名な成分のものは情報が勝手にひとり歩きするので、イメージだけで選んで摂取している人がいると思います。
イメージだけで摂取するのではなく、自分に適した成分かよく調べてから摂取するようにしましょう。
また、成分によっては単品ではなく、グループで摂取する方がより効果を発揮することもあるので、よく調べてから摂取してください。

・保存方法
品質の劣化を防ぐために、高温多湿などといった場所には置かないように保存方法にも注意しましょう。
製品によっては保存方法がラベルに記載されているので参考にすると良いでしょう。

check